戦Blog 戦Blog 戦Blog

下剋上ブログ 2「理事長の嫁とカフェ行ったった変」

2017.5.10 NPO

 

 

どうも!ゼロワン新人メンバーの高山です!

 

 

 

 

前回、僕は先輩の圧力に悩む全世界の後輩たちに活路を示すべく、

現代版下剋上とも呼ぶべき謀反を敢行しました!

 

 

↓詳しくはコチラ↓

下剋上ブログ 1「先輩の嫁に会いに実家に行ったった変」

 

 

 

<結果、後日居酒屋にて>

 

篠田「ブログ読ませてもらったよ、ありがとうね」

 

 

依然として威圧感( ゚Д゚)!

 

やべー!! 前よりも重圧が増した気がする!!w

 

 

どうしよう!!??

 

篠田氏を攻略することは不可能なのか!!??

 

いや、待て。

そんなことはない。

 

以前ならば単に圧力だけだったのに、

 

今は

ビールを注いでくれている!!( ゚Д゚)o

 

 

そうだ。もう彼は以前のように僕に攻撃できないのだ。

やはり、あの作戦は効果的だったのだ!!

 

 

ということは、僕がやるべきことは1つ。

 

下剋上はいつだってスピードとの戦いだ。

競馬場デートの厚志くんは一旦置いておいて、次なる敵を

討つ!( ゚Д゚)o

 

 

そして、普通の謀反(というかブログシリーズ)であれば、

メンバーを順番に回していって、最後に総大将を討ち取るべきだ。

 

その方が、メンバーの紹介もできて、

ゼロワンの認知もあがって、盛り上がる。

 

 

しかしっ!!

 

 

僕はPVやファン獲得のマーケティングなど、

興味はない!( ゚Д゚)o

 

 

願うは、本気で下克上を達成する!その1点のみ!

 

 

 

そして、

 

努力や労力は出来るだけかけたくない!

 

お手軽に即効性のある攻撃をしたい!!!

 

どっかのブログみたいにチンタラ修行なんてしてらんねぇ!!

必殺技ブログ https://tyanbara.org/pop/201607248873/

 

ということで、シリーズ第二話にして、、、

 

総大将を討つ!( ゚Д゚)o

 

 

 

 

さらにこの時期、総大将は合戦フェスというチャンバラ史上最大の大戦を控え、

 

兵糧集めに 浮足立っている……

 

 

ニヤリ( ̄▽ ̄)

 

今がチャンスだ!

 

天下の大戦を獲ろうとするあまり、足元がお留守であることを思い知るがよい!

 

 

ということで、今回も旦那がお留守の間に本人に内緒で嫁に突撃し、

 

お外では良いことしか言わないメンバーの真の姿を暴露をしようと思います!!!

 

 

 

 

 

そして今回のターゲットは!!!

 

 

 

 

 

全身笑いのツボのゲラ将軍!

 

写真映りがとにかく悪いイケメンの無駄遣い!

 

全ての女性の鼓膜をエロく揺らす悪魔の声帯を持つ男!

 

空前絶後の塩顔理事長!

 

 

米田真介!!!!

 

 

よし、今回もまずはターゲットの分析だ。

 

(カタカタ・・・エゴサーチ・・・カタカタ・・・エゴサーチ・・・)

 

ふむふむ、なるほどなるほど。

 

ヒットした膨大な情報をまとめると。

 

1 チャンバラ戦-戦IKUSA-の創始者であり、NPO法人 ゼロワンの現理事長

2 夢は500万人を泣かせること!ヒッチハイクで日本1周を決行!

3 クリエイティブなWEBデザインで好評のTears Switch 代表取締役 CTO

4 いちいちプレゼントとか店選びが評判の、女心を知り尽くした冷酷無比の色男(メンバー女性陣談)

5「頑張る事を修行と言って少し無理をする事」が趣味の持ち主!  彼のブログプロフィールより

 

 

なんやこれ・・・・

 

地位、権力、外見、野望……….完ぺきではないか!!??

 

もはやここまできたら面白くな・・・

 

 

いや、そんなことはない!!

 

やってやる!

やってやるぞ!!

 

 

こんな人こそ、

実は家では嫁が困り果てる性欲の化け物だったり、

とんでもないクソ旦那様に違いない!!

 

真の姿を暴いてやる!!!

 

 

 

ということで、

 

早速嫁とカフェしてみた( ゚Д゚)b

 

 

 

【待ち合わせ】

本日の待ち合わせ場所はコチラ

 

 

奥様にこっそり連絡をとったら「旦那とよく行くカフェあるから、面白いんじゃない?ww」と指定していただいた。

 

 

なんと店長の協力体制もバッチリ

気になった方はコチラへ ⇒ http://34sunsea.com/

 

 

なんだ。奥様めっちゃノリ良いじゃないか。

チャンバラに来られてるの見たことないから、てっきり非協力的な方なのかと。。。

 

 

ハッ( ゚Д゚)

 

もしかしたら、、、

 

実は米田真介氏は

 

 

※標準語で脳内再生してください

「俺の嫁はぁ~

 まじでブサイクだからぁ~

 恥ずかしくてぇ~

 外に連れていけねぇ。

 俺のレベルが下がっちまうぜ。みたいな?」

なんていう、

クソ野郎なんじゃないか!?( ゚Д゚)

 

 

恐ろしい。

なんという理事長だ。

 

 

奥様は飾りじゃないぞ!!

奥様とは良きパートナーだ!!

・・・って、厚志くんのNPOでも言ってたぞ!!!

 

 

ということで、待ってると、、、

 

 

 

 

 

米嫁「お待たせ~」

 

 

 

 

二話連続で美人ドーン!!!!!!

( ゚Д゚)

 

 

高勝「今日はよろしくおねghf….」

 

(心の声)あ、あかん!カフェと美人の組み合わせがえぐい!てか理事長とい厚志君とい、まじ奥様チャンバラに連れて来てよ!ちくしょー!!!(;;゚Д゚)

 

 

 

夫婦とも美男美女にイラ☆っとしたので、いきなりカマからかけてみた。

 

 

高勝  「米田さんのオイタって2回でしたっけ?」

 

米嫁 「フハハハハハ! ないない(^_-)-☆」

 

ハ?(# ゚Д゚) なにこの信頼感( ゚Д゚)

 

米嫁「フハハハハ!違う違う!もし女の子と何かあっても堂々と話しよるよ((´∀`))」

 

高勝「(なんでもええけど笑い方豪快やな・・・)

           堂々と?それは、そういうことが過去にあったと?」

 

米嫁「まだ付き合ってた時なんやけど、真介君、日本一周のヒッチハイクいってたやん?

   あれ、私がキレて止めたけど、はじめは女の子といこうとしてたもん!」

 

 

キタ――(゚∀゚)――!!

 

 

 

 

高勝「え、そっ、それは、、それはどういうことですか!?」

 

 

米嫁「私に『A子もいっしょに行くことなった』ってしれーっと平然とした顔で直前に言うてきたんよ」

 

クルッテル――(゚∀゚)――!!

 

米嫁「あとバレンタインの時に、元カノからチョコ届いたりもして。

しかもそれ、私に全然隠さないで『〇〇さんから届いたわ~』とか言うしさ。笑

 

本人あれ本気で悪気なく、ほんまに特に問題ないと思ってきてるからさ。

 

でもあたしからしたら『ハァ?(# ゚Д゚)』やん?笑」

 

 

世の中の普通の男性なら、そんなんオロオロして汗で全身おもらしみたいなってしまう瞬間も、あの男は堂々とした空気感でまかり通そうとするのか!

 

策士!策士やで、真介君!( ゚Д゚)

 

 

米嫁「だから女性と何かあっても堂々と発言しはるから、ないよ♥」

 

なるほど。

ある意味で本人の無自覚が、嫁のチェック機能となり、信頼を勝ち取っていたのか。

 

 

では、なおさら疑問が残る!

 

 

高勝「そんな変な価値観の人と、どーやって結婚までたどりついたのですか??」

 

米嫁「それがさぁ、悔しいことにプロポーズにキュンとしてしまったんよねー笑」

 

(お、これが噂のやつですかね( *´艸`))

 

米嫁「まず1回目が、、、」

 

待て待て待て( ゚Д゚)

 

高勝「え、一回目!??( ゚Д゚)」

 

米嫁「うん、真介君3回してくれてるんよ」

 

あれ、これ嫁も結構アレなパターンか!? (;;; ゚Д゚)

 

 

米嫁「1回目はブログで言われてるねん。

           彼ヒッチハイク行ってる間の毎日ブログしてはってんけど、

           実は各記事の書き出しの1文字をつなげるとメッセージになってたんよw」

 

なんとこの男!

出発前にマジギレされているにも関わらず、

 

総勢100日以上かけて

1日1文字ずつ毎日コツコツとプロポーズしていたのだ!!!

 

 

 

高勝「・・・・・・あっ」

 

 

 

※2009年4月14日 「こから、スタート。物語が……..」

※2009年4月15日 「いがい(例外)や、自分の予期で」

※2009年4月15日 「わかには信じ」…..

 

あ、もうめんどい( ゚Д゚)

 

と、いうより人のプロポーズを夜中に解読してる自分に悲しくなったので、

読みたい奴は、後は勝手にやっちゃえよ!( ゚Д゚)ケッ!

 

↓ ↓ ↓

http://ameblo.jp/tears-switch/entry-10377633251.html

 

 

続けよう。

 

 

米嫁「2回目はね、夜のモスバーガー」

 

おやおやおや

えらくお手軽な告白をされていたようですね

(*´ω`*)

 

 

高勝「え?Σ(゚Д゚) あのロマンを大事にする人が、ファストフードですか?」

 

米嫁「実はヒッチハイク後に起業して、忙しくてすれ違いが多かった時期に呼び出されたの。その時、真介君は別れ話をするはずで、、、

   まぁ私もそう思ってたし、今までの思い出を清算しよう思って、何冊も溜っていた日記とかスクラップ帳とか引っ張り出して行ったの。」

 

1ページ目左上「 初めて会った日の宇治の花火大会の京阪電車の切符」

もう一目惚れしているご様子( ゚Д゚)

 

米嫁「で、改めて2人で1から読み返してたら、2人で行ったデートの場所とか、真介君の笑ってる写真とか、私とふざけあってる時の写真とか、なんかもぉいろいろとわきでてきて、

 

 

         いつの間にか2人で号泣しててね。笑

 

 

        そのまま永遠と泣きじゃくって、

 

 

        落ち着いた時に

      『もうおれら結婚しよっか』って」

 

 

 

・・・

 

 

・・・

 

 

・・・

 

 

高勝「・・・ええ話ですね。」

※何かのスイッチが入った瞬間の高勝

 

(ちくしょう、あのイケメンはファストフード店すら2人だけのロマンチック空間に変えるのか。。。。)

 

 

 

米嫁「でも3回目は横浜ランドマークタワーの最上階だよ☆」

高勝「お、いよいよですか!」

米嫁「まぁ嵐で景色は全く見えなかったけど!フハハハハ!」

高勝「(・・・)」

米嫁「ディナーでデザート終わるころに仕事の電話が鳴ったから、真介君ホールの外に出 てって

 

   帰ってきたら、スーツに着替えてて、

 

   私の横まで来てひざまついて、

 

   ダイヤパウダーのかかったバラを差し出しながら、

 

   「結婚してください」って☆

 

 

高勝「・・・ロマンチスト真介君は、どーせそれだけじゃないんでしょ??」

米嫁「フフフフ、その後部屋に戻ると

 

     ベッド中に花ビラが撒ってあって

 

           枕の下には

          別れた時に返却してた家の合鍵 

        が隠されてて

 

           プレゼントとしてカメラのレンズを手渡しながら、

 

        『これからはお互いを撮っていこう』

 

(なんやねん!!!!かっこよすぎやろ!! 弱点どこやねん!)

(さりげにモスのスクラップ帳写真の伏線回収すんなよ!)

 

 

 

高勝「あ、はい、りょうかいですー、次の質問いいっすか?(*´Д`)」

(そんな完璧超人も、家でリラックスしてるときはスキだらけなはずや!!)

 

高勝「普段家ではどう過ごしているのですか??」

 

米嫁「あ、真介君、寝言がすごいよ!

           ってか声量、活舌ともに寝言レベルじゃない!

 

   寝てるのに『どうもお世話になりますー米田です!』って夢の中で営業してるよ。笑」

 

高勝 (可愛いしんちゃん♥)

   「家で甘えられたりとかは?」

 

米嫁「真介君、ひざ枕されるのが大好きなのよー(笑)

   でも自分から甘えに行けるタイプじゃないし、

   わたしも『おいで』とか言えるタイプじゃないから、

   ソファーで映画見ながら、お互いドギマギしてしまう(;^^)

 

しんちゃん、膝枕は

いつでも行ってええんやで( *´艸`)

 

 

高勝「ち、ちなみに!

        夜の方は、彼からグイグイくるんですか?(*´ω`*)

 

米嫁「いやぁ、ないない。笑

          まぁお互いそこに対して、そんな相手にストレス感じたことはないから、大丈夫ちゃう?

           あ、でもうち、イエス・ノー枕的なんあるよ!笑」

 

 

高勝「えぇえ??、あれほんまに使ってる夫婦おったんですかwww

           ち、ちなみに、機能してますか?笑 (ワクワクw)」

米嫁「いや、実際はしてないかな!笑

           あ、でも夜の話で言うとちょっと彼に申し訳ないこともあって、、、

           私が妊娠してるときに少し不安定な時期があってね。

彼に『あなただけは無理』って言うてしまったことがあったのよ。

たぶんあれ引きずってるんじゃないかなぁと、、、」

 

高勝「うわぁ、、、確かに一時的なことでも、それ言われたら自分からはためらいますね。。。

          あ、ちなみに、もう今はないんですよね?

         枕のイエスなくても、いって大丈夫なんですよね?笑」

 

米嫁「うん、全然いいよ。

         むしろ、普段そういう感じじゃない人が急にキャラ違う感じできたりするのは嫌いじゃないし!笑」

 

米田ウルフ真介君

とんだ子羊が近くにいるみたいですよ

( *´艸`)ウフフフフ

 

 

 

 

高勝 「あと、お子さんにデレデレしたりとかされますか?」

 

米嫁「甘えたりというよりは、とにかくすっごいよく遊んでくれる!

   保育園も送迎してくれるし、良いパパなんだけど….」

高勝「なんだけど…????」

 

米嫁「絶対にチューしない」

   自分からはもちろん娘からしようとしても、真顔でスッとかわすの」

※インタビュー中熟睡で、目覚めたしずく姫

 

高勝 「でた。噂の潔癖症。笑

   いくらかわいい娘でも、一線引くのですね!!」

 

 

そりゃそうか( ;∀;) 実は7年前にもこんな写真があった。

目が笑っていない。( ゚Д゚)

ヒッチハイクで泊めていただいた御家庭のお子さんであろうと、

一旦は、寝たふりでやりすごそうとしていたのだ・・・

http://itoshinai.blog.fc2.com/category15-1.html

 

米嫁「ちなみに、あの潔癖症って、原因とか知ってる?笑」

高勝「え、潔癖症に原因とかあるんですか!?」

米嫁「うん、あれな、学生時代に彼バスケサークル入っててんけど、そこに唇がめっちゃ分厚い男の子がいたらしいねんな。でその子が、真介君のペットボトルを勝手に飲んだらしくて、その時ボトルの口からつばがつぅーって伸びたのがトラウマで、潔癖症になったらしい。やばない?爆笑」

高勝「え、そんなことやったんですね!笑

(あ、こないだ米田さんの会社の冷蔵庫のお茶勝手に飲んでもた。。。

           まぁええか。ほかの社員のと思うやろ(゚д゚))」

 

米嫁「あと、またタチが悪いのが、娘とスキンシップしてあげてよって私が言うても

   『唾液で虫歯が移る!』とか、いちいち理屈立てて論破してくるのよ。(# ゚Д゚)」

 

高勝「なるほど、潔癖症を守るために、ロジカルに反論してくるのですね!!」

米嫁「そうそう!

          あ、それで言うと、直してほしいとこある!!ケンカしても、なんでも論理的に徹底的に相手を論破すればいいってもんじゃない!!笑」

高勝「え、そんなケンカしはるんですか!?笑」

米嫁「そりゃ、普通にはするよー

 

でもあの人ほんま、淡々と人の弱点とか言われたくない真ん中えぐってくるから、

いっつも口で負けて途中で『もぉおおおおおお!!!』ってなる。笑」

 

高勝「なるほど。確かに、一方的にどちらかと勝ち負けつけるんじゃなくて、お互いの対話によって関係性はつくっていくものですよね!最近どっかの色男から学びました!( ゚Д゚)o」

 

と、ここでインタビュー終了。

なかなか、米田氏の本性がわかった気がする

 

・全てがモテ仕草に繋がってしまうDNAレベルのモテ野郎

・嫁さんの顔をゴボウのようにしてしまう圧倒的ロジックで制圧する論客

・ファストフード店すらロマンチックに仕立て上げる空前絶後の演出家

・「娘<分厚い唇のトラウマ」な闇抱えこだわり人

 

 

んんん、、、

 

 

なんか、イマイチ弱点らしきものも手応えがないなぁ。。。

と、いうより
結局、真介君のノロケ話をきいただけやないかい!(# ゚Д゚)

 

まぁでも奥様に聞いて出てこない弱点なら、

それは僕に見つけられるものではないのかもしれない。。。

 

 

 

高勝「じゃあ最後に一緒に写真撮らせてもらっていいですか?」

米嫁「もちろん!あ、でもしずくは男の人苦手かも、、、」

 

ところが、いざ隣に座ってみると。

米嫁「あれ、全然大丈夫やな。抱っこしてみる?笑」

 

やばい、、、

 

めっさ可愛い(*´Д`)

ベスポジを見つけ、おくつろぎの姫君

 

米嫁「うぁー高山くん、ほんまこれ珍しいよ!真介君きっと嫉妬するわ!笑」

 

・・・ハッ( ゚Д゚)

 

 

なるほど。

 

その作戦があったか。。。

 

 

誤解のないように、全読者にあらかじめ言っておくが、

私は年上のお姉さん大好きドMである!!( ゚Д゚)

間違ってもロリコンではない!( ゚Д゚)

 

しかし!!

 

悲願であるゼロワン制圧を達成するために、あえて!!

 

あえて!!

 

私は米田真介さんのことを積極的に

お義父さんと呼ぼうと思う!( ゚Д゚)o

 

 

 

完璧だ。

 

奥様のご協力の元、弱点を暴露するのではなく、

弱点をいっそ手中に収めるという作戦に切り替えることができた。

 

ご自宅まで奥様と姫君をお送りする高勝

 

そしてインタビュー後

無敵のホットライン完成

 

 

これで、理事長が私に圧力をかけてくることはまずないだろう。

フハハハハハ( ゚Д゚)

 

 

ということで、今回も無事に下剋上が達成された。

 

また1つ、組織が平和になったかと思うと、感無量である。

 

 

 

・・・

 

 

 

・・・

 

 

 

完。

 

 

・・・

 

・・・

 

 

 

 

 

 

と、普通の組織ではなるはずだ。。。

最年長者をおさえ、理事長をおさえたのだから。

 

 

だがしかし!!

 

 

NPO法人ゼロワンには、

 

厚志君よりも圧が強く、

 

お義父さんよりも冷徹無比な、

 

天下の大将軍が存在する。。。

イメージ

【出展】キングダム16巻より

 

 

ゼロワンの制圧はまだ終わらない!!

引き続き戦いは続く!!

 

 

次回

 

 

下剋上ブログ「先輩の嫁とランチに行ったった変」

 

 

 

さぁ先輩たちよ、今夜も震えて眠れ( ゚Д゚)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この合戦が気になったらいいね!しよう

IKUSAの最新情報を
お届けします



開催希望やご質問など
お気軽にお問い合わせください

開催希望・お問い合わせはこちら
ページTOPへ