戦Blog 戦Blog 戦Blog

下剋上ブログ 1「先輩の嫁に会いに実家に行ったった変」

2017.4.18 NPO

どうも!ゼロワン新人メンバーの高山です!

 

日本全国でイベントを開催し、もはや世界に進出も時間の問題と
(理事長が)言っているNPO法人ゼロワン!
将来世界で仕事がしたい僕も、この勢いを加速させるエンジンとなるべく、
先月ついにメンバー入り….

 

 

 

したのですが、実は悩みがあります。

 

それは、

 

 

 

 

加入して6カ月経った今でも、メンバーに全く馴染めないんです。

※イメージ:会議中の高山

 

というのも、東西に支部を持つ4年目のNPOともなると、

それはそれはもう、とにかくメンバーの

 

 

 

いや、いいんです。これだけ個性的で魅力的な人たちってことです。

 

それはいいんです。

 

良くないのは、

 

30代の大御所先輩たちの圧力がえぐい!!

 

会議中やイベント会場へ向かう車内などでの雑談でも、

とにかく若い新人メンバー(男)への圧力が強い!

 

少しでも早く馴染もうと、会話に軽いジョークを発そうものなら、

 

 

 

「え、それってつまりどういうこと?」

「あ、今の面白いと思って言った感じ?」

 

「ちょっとオレらの世代は今のんわからへんなぁ、高山君」

 

 

 

何これ!?!?!?

僕なにか悪いことしました!?!?!?

(ノД`)・゜・。

 

 

 

何より一番ひどかった仕打ちは、これ

 

僕が加入して、最初にメンバー専用グループに投稿した、渾身のご挨拶ギャグ。

まさかの

26既読、10いいね、1コメント

 

 

 

 

 

 

ぬおぉおおおおおおおおおお!!!!

 

 

もぅだめだぁあああああああ!!!!

 

 

先輩たちからの圧力で、息ができない!!!!

 

 

 

「横暴や・・・」

 

「こんなん理不尽や・・・」

 

「あの人らもそないにおもろないのに・・・」

 

「こんな社会は嫌だ・・・」

 

「あぁ力がほしい・・・」

 

「長年の経験とかで蓄えられるやつじゃなく・・・」

 

「即効性のあって、破壊力のある力がほしい・・・」

 

だめだ。一人で考えてても良いアイデアなど浮かぶはずはない。
どうせ、あのジジイどもは使えないであろうから、グーグル先生に聞いてみよう。

 

・・・ふむふむ

 

・・・ふむふむ

 

んん!?!?

 

 

見つけた・・・

 

ついに見つけてしまった・・・

 

そうだ、答えは戦国時代にあったんだ。

 

チャンバラ合戦のメンバーながら、なぜ思いつかなかったんだ。。。

 

 

 

あの時代、武将たちは敵に忠誠を誓わせる時に、敵の「家族」を人質として城に住まわせた。

 

そう、いくら屈強な男でも、権力のある先輩でも、

 

家族を人質にとられたら、歯向かえないはずだ!

 

さらに!!!!

 

もしも、その人質と親密になり、過去の秘密や恥ずかしいエピソードなど聞き出すことができたら、、、

 

 

 

完璧だ。

 

負ける気がしない。

 

おかげさまで、初対面の人の懐に飛び込むことは得意だ。

 

チャンバラの先輩たちの嫁はなぜか美人揃いと聞く。
よけいにテンションがあがるではないか!!!!!

 

よし、ご本人に内緒で勝手にご家族に突撃し、

 

お外では良いことしか言わないNPOメンバーの真の姿を暴露をしてやる!!!

 

よし、これでいこう。

 

これこそが現代における下剋上だ!!!!!

 

 

 

 

(こうして、高山勝の下剋上シリーズはスタートした。)

 

 

 

 

 

 

そして、栄えある最初のターゲットは!!!!

 

ゼロワンで最も新人への圧力が強く!!
そして、人一倍女の子には優しい色男!!!

 

顔面が色気の核兵器!!
圧倒的不倫顔のゼロワン最年長!!!

篠田厚志!!!

 

 

 

 

よし、まずはターゲットの分析だ。

 

(カタカタ・・・エゴサーチ・・・カタカタ・・・エゴサーチ・・・)

 

ふむふむ、なるほどなるほど。

 

僕の集約できた情報をまとめると。

 

1 NPO法人ファザーリング・ジャパン関西理事長
ミッションは「父親の子育てをヤバくする」

 

2 ゼロワンで最も男女関係に熱い男
→前に一度女性メンバーが彼氏からひどいことをされたって話した時、本気で怒って機嫌悪なってたからなぁ(古参メンバーR談)

 

3 恋愛について最もうるさいロマンチスト
→合宿の夜にみんなで宴会してる時、理想のプレゼントとかデートのシチュエーションとか夜中の3時までずっと語られたもん(古参メンバーM談)

 

ふふふ、素晴らしい。
これは潰し甲斐がありそうだ。

 

ということで、

 

 

 

早速、嫁に会いに行ってみた( ゚Д゚)o

 

 

 

篠嫁「あ、こんにちは!」
高山「(心の声:やばい!めっちゃ美人やないか!ちくしょー!)こ、こんにちは!(;;゚Д゚)」

 

 

 

さらに、奥様はとても優しかった。

 

普段、旦那のブログなどにはほとんど出ない奥様が
チャンバラの現状を説明し、僕の切実なる状況をお伝えすると、
親身に最後まで話を聞いて協力してただけた。

 

ということで、さっそく個人的に最も気になることから聞いてみた。

 

「公務員を辞めて、NPOだけでやっていく旦那様ってぶっちゃけどうなんすか?」

 

実はこの篠田厚志という男。
高校卒業後、フリーター生活から、独学で勉強。
見事に大阪府庁の職員になって12年間勤務・・・

 

したにも関らず、退職して今に至るのだ!!

 

 

 

ふははは。間違いないぞ。

この不安定な時代に、公務員を退職するなど、奥様から猛反対をくらったに違いない。
さっそく彼の弱点に切り込んでやったぞ( ゚∀゚)アヒャヒャヒャ

 

さぁ、実際のところ、奥さんはこの変化をどう思っているのか!!??

 

 

「そりゃぁ、、、本当に反対しました!」

 

 

キタ――(゚∀゚)――!!

 

いいぞ。いいぞ。そりゃあそうだ。
きっとこの件で彼は家で人権もないに違いない(゚∀゚)

 

「しかし2年前もの間、ことあるごとに小出しにずっと説得され続け・・・」

 

ん?( ゚Д゚)

 

「最後に私が折れた形なんです。笑」

 

なんやてー!!!( ゚Д゚)

 

 

くそぉ。ちゃんと話し合った末の決断だったのか。。。
おのれ、しぶといぞ、篠田厚志。

 

「ただ、考え方や目標に賛成するところはありますが、たぶん経済的な部分で私に定職がある所を計算に入れた決断だったと思うんです。笑」

 

 

な、なんと!!( ゚Д゚)

 

奥様の支えを前提に提案してくるとは!!( ゚Д゚)

 

「ベクトルが自分から大切な人に向いたとき、はじめてライフプランの道が開かれる」 

 

ブログより抜粋

フリーター、公務員になる③「ライバルが僕を呼んでいる」

 

策士!策士だぞ、篠田厚志!!( ゚Д゚)

 

 

ちなみに、このプランのキッカケを彼はこう語っている

 

公務員を辞めたハナシ⑤

 

くそ!!!ええ話やないかい!

 

さぁ!

 

 

 

 

高山「逆に、退職後の現在はどうですか?( ゚Д゚)」

 

篠嫁「それは、本当に良いお父さんだと思います!家事は分担してやってくれますし、子供と楽しそうに生活しているの彼は、見ていて幸せです。」

 

高山「なるほど、では結果としてはよかったと??( ゚Д゚)」

 

篠嫁「そうですね、良かっ….いや、今後にも期待ですね!笑」

 

うぉおおおおおおおおお!!!
ほめるのを踏みとどまった!
褒めて伸ばすだけでなく、激励で今後の伸びも含ませる!!!

 

こ、これが、えぇ嫁さんのコメントが!!!(*´Д`)ハァハァ

 

 

 

ちくしょう。なかなか隙を見せないな、篠田厚志。

 

ならば、甘酸っぱい2人のなりそめにきいてみよう!!

 

 

高山「お2人はどのようにお付き合いをはじめられたのですか?( ゚Д゚)」

 

篠嫁「じつは私たちくら寿司のバイトで出会ったのですが、当時私には付き合ってた彼がいて….」

 

キタ――(゚∀゚)――!!

 

良いパパのクソ野郎エピソードの予感!!!

 

高山「なんと!!それで??それで??( ゚∀゚)」

 

篠嫁「でも実は、あまりうまくいってなかったんです。。。
そんな時に”相談相手”として彼が話を聞いてくれていて、いつしか彼氏と話すより厚志君と相談している時間が長くなっていきました。」

 

ええぞ!

ええ調子やぞ、厚志君!!

 

さぁ、すぐ手出すんや!!

早く手を出すんや!!!!( ゚∀゚)

 

 

「今考えると彼の策略だったのかもしれませんね。笑
そして、厚志君の相談もあり、彼と別れ、その後すぐ厚志君から交際を申し込まれ、お付き合いを始めました。」

 

 

 

 

・・・ん?( ゚Д゚)

 

・・・あ、なるほど( ゚Д゚)

 

・・・順番は守っていたと( ゚Д゚)

 

(くあぁああーーーーっペッ!)←唾

 

 

 

高山「なるほど。青春ですね—-(棒読み)

 

ちなみにそんな2人の思い出の場所ってありますか?( ゚Д゚)」

 

篠嫁「はい、競馬場ですね。」

 

 

 

 

 

高山「はい!?!?(;゚Д゚)」

 

篠嫁「淀競馬場です。

よくデートで連れて行ってもらいました(^^)」

 

 

高山「あ、なるほど!奥さんも競馬がお好きなんですね!」

 

 

篠嫁「いや、全然。どの馬も同じに見えます♡」

 

 

 

 

ほほほほほ、ついに見つけてしまったよ、厚志くん( *´艸`)

 

あれだけチャンバラメンバーに恋愛やデートのアドバイスをしておきながら、

奥様とのデートは競馬場に連れていっていたとはねぇ( *´艸`)ホホホホホ

※イメージ:厚志と美人嫁

 

 

 

 

高山「まぁ、付き合っていた頃だし、競馬場に行くまでの道中も楽しいんですね!」

 

篠嫁「はい、そうですね、競馬場まで原付で1時間かからないし!
淀川沿いって景色キレイだし!(^^)」

 

 

 

おやおやおや( *´艸`)

 

せっかくのデートなのに、原付で1時間走らせて集合ですか( *´艸`)

 

個別運転なら車内トークなんてあったもんじゃぁありませんなぁ( *´艸`)

 

とんだ恋愛マニュアルをお持ちだったんですな~( *´艸`)

 

 

ただ、この話をしている時の奥様が、わりと楽しかったエピソード的に語ってたので、そこまで悪い思い出ではないようだ。んん、これでは致命傷には至らないか。。。

 

 

 

PS. 思い出の競馬場は運営されていますが、2人が出会ったくら寿司は潰れていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よし、それではそろそろ、単刀直入に聞こう!

 

高山「現在の厚志さんに不満ってありますか?」

 

篠嫁「そうですね・・・

 

無駄づかいをやめてほしいです。」

 

高山「ほう、というと?」

 

篠嫁「(子供が持ってるぬいぐるみを指さして)
このドラクエのぬいぐるみおいくらだと思いますか?」

 

 

 

 

 

 

高山「(・・・1500円?1600円?、いや、もうちょっと高めか・・・)

 

2000円!( ゚Д゚)o」

 

篠嫁「8000円です????」

 

えぇええええ!?!?:::゚Д゚)

 

ドラクエシリーズ高くない!?!?篠田厚志うんぬんより、まず高くない!?!?(;´Д`)

 

篠嫁「子供たちと4人でお出かけした時のもので、この他にもドラクエのスマホカバーとかも買ってきて、総額はいくらかわかりません…」

 

高山「それは、ひどいですね!(;;゚Д゚)」←ドラクエシリーズ高ぇーってまだ思ってる。

 

篠嫁「さらにドラクエのゲームを定価以上の価格で買ってくるんです…」

 

高山「ん?定価以上??笑」

 

篠嫁「先日、ドラクエⅠⅡⅢのリメイク版が発売され、品薄でネットでは4倍の値がついてたんですよ。

 

さすがに4倍は諦めかけてたみたいだったんですが、その後も近くのゲーム屋さんを探し回っていたらしく、中古品を見つけたんです。でもそれが新品定価の6割増で・・・

 

でもなぜか、それを買って意気揚々と帰ってきました。苦笑」

 

高山「ちゅ、中古やのに新品の
6割増値段!?!?(;;;;゚Д゚)」←とりあえずドラクエシリーズ高ぇーって思ってる。

 

篠嫁「買ったことも事後報告で・・・しかも、6割増しをドヤ顔で私に自慢するんです。

 

もう私には理解できません。苦笑」

 

 

 

 

実はこのようなお金遣いは常習犯らしく
過去にもドラクエヒーローズを買ったり、
12,000円もするドラクエミュージカルに行き、2000円のかき氷を食べてらっしゃるようです。

 

夫婦のせめぎ合い ~おれ、世界救いたいねんけど~

 

 

そんな彼は自身のブログで

 

「いい夫婦関係は結婚したらそこにあるものではなく、自分たちが会話や対話によって作り上げられていくもの」

 

夫婦のせめぎ合いを避けて、本当のパートナーシップはうまれない!

 

と語っているのですが、

 

ちなみに、対話とはこんな感じだそうです。

 

夫婦のせめぎ合い(その5)

 

いや、事後報告やないか!(; ゚Д゚)

 

 

篠嫁「あ、あと、朝ちゃんと起きてほしいです。」

 

詳しく聞くと、夜は元気なのに朝1人で起きれず、目覚まし時計も寝ぼけて切ってしまうというではないか!!

 

ヨルは元気なのにね( ゚∀゚)アハ

 

 

 

 

 

 

では、そんなお父さんをお子さんはどう思っているのか。

 

長女と次男に聞いてみた。

 

高山「さらちゃん、お父さんとお母さんどっちが好き?」

 

 

 

さら「お母さん!」

 

高山「即答w なんで?」

 

さら「なんかねーお父さん理不尽に怒るねんもん!

 

かいと(弟)がやらかしたことも、全部私のせーにしてくんもん!!」

 

高山「そうなんや!ひどいねー!( ゚∀゚)ニヤニヤ

 

じゃぁ、かいとくんは、おとうさ・・・」

 

かいと「ママー!!ちゅ????」(秒速で抱き着いて鼻先にキスしてました。)

 

 

 

ふははは、子育てがやばくなってますね、厚志君!!!!
( ゚∀゚)

 

 

 

 

 

でもこれは彼も自覚しているらしく
子育てとは即効性のあるものでないようだ。

 

おとうさん、いや!

 

なので、もう少し話を聞いてみることにした。

 

高山「さらちゃん、家でお父さんって何してるの?」

 

さら「1人で壁にぶつかって1人で怒ってるよー」

 

・・・ん?( ゚Д゚)

 

高山「1人で壁にぶつかる?」

 

実は、篠田家の脱衣所は扉の外側にのれんがついており、普段は開けているそうなのが、その日
はたまたま閉めていて、彼は扉に突っ込んで、頭を強打したとのことww

 

 

 

さら「ほんで血がだらだら出て、1人で叫んでた!意味わかれへん!!笑」

 

厚志君、娘は見ていたようですよ!!意味わからない生き物として!!( ゚∀゚)

 

 

 

さらに、奥様からもこんなエピソードが、

 

篠嫁「大みそかの日に、階段の段差で腰と打ちつけて、のたうち回ってました。

 

玄関の靴箱の上を掃除してくれてて、足を滑らしあそばせられたようで。苦笑」

 

ふはははは、歳なのかな!?
若いのは顔面だけなのかな、厚志君!?
( ゚∀゚)

 

 

 

篠嫁「まぁ、でも本当いいお父さんですよ!家事はやってくれるし、掃除も率先して隅から隅までやってくれるし。

 

ただ少し、

おっちょこちょいなんです。笑」

 

 

 

 

 

ふふふ、可愛いじゃないか、篠田厚志( *´艸`)

 

 

 

 

 

 

つまり、今回の情報をまとめると、

 

  • くら寿司でお寿司を作りながら彼女のさばき方を考えていた
  • デートは原付で1時間の競馬場に連れて行くハイセンスの持ち主
  • 娘と息子からの認識は「意味わからない」
  • 定価の6割増でもお得感を味わえるハッピー野郎
  • 家ではすごいおっちょこちょい

 

 

 

 

 

 

素晴らしい。

 

 

やはり、敵を知るには、近しい人物に当たるのが最適のようだ。

 

 

なんかもう、圧力かけてきても可愛いく見えてしなうぞ、

おっちょこちょいの厚志くん( ゚∀゚)ハハハハ

 

 

 

 

 

こうして僕は、一番の難敵と思われた先輩を攻略した。

 

 

 

しかし!!!!!

 

これだけでは、下克上を完全に成し遂げたとは言えない!!!

 

倒すべき古参メンバーはたくさんいる!

 

僕はこのまま、この組織を支配し、天下を統一してやる!!!

 

ふはははは( ゚∀゚)

 

 

 

 

次回、下克上ブログ!!

 

「先輩の嫁とカフェしたった変」

 

 

 

 

さぁ、先輩たちよ。

 

 

今夜は震えて眠れ( ゚Д゚)

 

この合戦が気になったらいいね!しよう

IKUSAの最新情報を
お届けします



開催希望やご質問など
お気軽にお問い合わせください

開催希望・お問い合わせはこちら
PAGE TO TOP