戦Blog 戦Blog 戦Blog

【安全より安心】チャンバラ合戦-戦IKUSA-が誰でも安心して遊べる4つの理由

2015.7.8 人気記事
チャンバラ合戦-戦IKUSA- フリーエイジ 安全 老若男女

こんにちは、関東管領の赤坂です。 今回は私が企業様とお話ししていく中での最も多い質問 「チャンバラ合戦-戦IKUSA-は安全なの?」という質問に対して、私が「安心です。」と言い切る4つの理由についてお話しします。 annsin

(1)マインドが安心-「遊び」という概念の重要性-

チャンバラ合戦-戦IKUSA-は「スポーツ」でも「武道」でもありません。「遊び」です。 th_harukas008 何が違うのか考えてみました。 スポーツや武道が「本気」「真剣」が求められるものに対し、 「遊び」をうたうチャンバラ合戦-戦IKUSA-はそこは求められません。 といってもふざけるというわけではなく「真面目に遊ぶ」ことが求められます。

真面目に遊ぶということ

例えば、開始直後に小さい子が転びました、その肩についている「命」を落とす明らかなチャンスです。さて、どうしますか?

答えは「己の武士道に問いかけ、見逃す」これが正解です。 もちろんスポーツでもフェアプレーや不問律によるスポーツマンシップがあるかとおもいますが、それは最終目標である「勝利」を諦めていいということではありません。

imasia_15974150_M しかしチャンバラ合戦-戦IKUSA-は最終「勝利」を目指すものではありません。 「楽しむこと」こそがその目的になります。

己の中の武士道に問いかける

特に人、特にこどもは「〜しちゃだめ!」というと余計やりたくなってしまいます。 「遊び」は規律や礼儀を全員が定着させるものではありません。 私たちはその場その場で出会った人が一緒にすぐに楽しめる、学んだ人がやるのではなく、「遊び」を通して、「楽しさ」を通して学ぶことが大事だと考えています。 ですからチャンバラ合戦-戦IKUSA-では危ない行為があった際には「武士道に反していますよ」とアナウンスしています。 要は「他者への思いやり」ですね。こういうとなぜか子供達も外国の方もよく聞いてくれます(なぜかわかる方分析お願いします。) 準備体操から元気いっぱい お互いがいて「楽しい」がつくられる。それを体感できるための素材がチャンバラ合戦-戦IKUSA-です。

(2)ルール・ゲーム性に「安心」-ルールに「遊び」の概念が根付く-

Concept of rules ルールに関しても「遊び」の心が反映されています。 例えば味方同士がぶつかって、勝ち負けを決める「命」が落ちてしまう。 私たちはこれを「自害」と呼んで、負け扱いになります。 もしくは、命を守るために、腕を高くあげたり、かばったりする行為を厳しく取り締まっています。 これはゲーム性、前者でいうと、「運」が悪かったら誰でもあっさりやられてしまうことの肯定。 後者でいうと、卑怯行為の取り締まり、つまりところ外からみてかっこ悪い行為を否定しています。 imasia_14909153_M 本当はもっと明確に細かい細則を設定して、ルールを徹底させることもできます。 ですが、私たちは「遊び」を大勢で楽しむには結局己の心に問いかけて、勝ち負けを楽しみかっこよく戦うことが大事だと考えています。「遊び」ということを認識できれば「勝てればなんでもいい」行為は減り、その結果、危険行為は減っていく。これが安全性を補完していくと考えています。 himeji1-209 事実、危険行為は少なく、これまでに大きな怪我は起こっていません。 思えば、小さいころ、遊びの中で卑怯行為をする子は、仲間内から評価されず、次から呼ばれなくなったり、嫌われたりしていました。 チャンバラ合戦-戦IKUSA-はお互いの武士道精神に期待し、そうしないと楽しめないことをゲーム性に取り入れることで成り立っています。 もちろんそのことを浸透させるため、合戦の全体をコーディネートする「合戦MC」には多くの経験を積んだメンバーを配置してします。himeji2-27

(3)アイテムによる安心-「遊び」を反映されたアイテム-

そしてその安全性に貢献し、チャンバラ合戦-戦IKUSA-が最も心血を注いできたものが、アイテム、武器になります。 一見単純そうに見えるチャンバラ合戦-戦IKUSA-の武器はその実3年間の実践の中で何度も何度も改善されてきました。 より使いやすく、よりフェアに、より遊びやすく。

チャンバラ刀-KATANA-

0719TOKYOsatsuei-4 「チャンバラ刀」はオーダーメイド、つまりは特注品です。

もちろん費用はその分、とってもかかります。ですが、「刀」の安全性は遊びの根幹と考え、その強度や仕様にはこだわりにこだわりました。 例えば長さ。 男性にも女性にも子供にもちょうどいい長さが理想と考えています。 例えば短いとリーチに差が出て、女性や子供が不利になりすぎます。 かといって長すぎるとハンドリングが悪く、コントロールしずらいため危険が増します。

そして何と言っても適度な強度、「破損しやすい」つくりが重要です。 安全性のために、柔らかく、ある程度の角度がついたり、強くあたると刀が壊れるようになっています。 これは一般販売品のスポンジ刀すべてのものと比較し、検証を重ねて作成されています。 こどもでもコントロールでき、当たっても安全。破損する前提であるため、イベントの固定費は思った以上・・ですが、これは必要なものだと考えています。全ては安心できるイベントのため。これを突き詰めた「チャンバラ刀」です。

命-INOCHI-

0719TOKYOsatsuei-210 「命」もまた、特注品です。 オリジナルの着脱簡単な「命」は、プレイヤーの勢いに任せた動きにはついていきません。 ダッシュやジャンプなど、急な動きを行うと勝手にとれてしまう、つまり「自害」してしまいます。熱くなるとつい激しく動きたくなるもの。ですがそれはやりすぎると危険な行為につながりがちです。もちろん普通に走ったり動いたりする分には全く問題ありません。 その調整には本当に時間がかかりましたが、やっと満足のいく「命」ができあがりました。

(4)お客様とつくる安心-フィールド環境や保険を整える-

imasia_4303579_M

安心・安全は自分たちだけでつくるものではありません。 楽しく安全にイベントを実施するため、クライアント様も含めたイベントに関わる全員で安全なチャンバラ合戦-戦IKUSA-を形作っていきます。 チャンバラ合戦-戦IKUSA-では安全面や、もしもの時のために以下のことをお客様にお願いしています。

「イベント保険」

presentation of insurance drawn by hand

イベントの参加者にご加入いただきます簡易保険です。ジェイアイの日帰り保険などいくつかありますので、NPO法人ゼロワンではなくお客様に直接ご加入をおすすめしています。

「下見」の実施

1azai2014-63

基本的にはアスファルトや大理石など、転んだときに怪我をしそうな場所では極力開催をおすすめいたしません。また、「広さ」によっても安全性が損なわれることがあります。だいたい470㎡(バスケットコート1面程度)で100名程度が目安でしょうか。同じ体育館でも荷物を置く場所があるか、受付が必要かによっても広さの概念は変化します。場所を確認し、安全性を確保した上でのイベント開催をおすすめいたします。

furuya-2

それでもケガはあるもの

imasia_10866822_M

安心・安全をめざすために、いろいろな工夫がされているチャンバラ合戦-戦IKUSA-、じゃあ全く心配いらないのかと言われると、やはり完璧なものはなく、擦り傷やねんざなど、ケガをすることはあります。「遊び」は年齢や性別、国籍などあらゆる壁を取り除く代わりに多くの感動や体験を私たちに与えてくれますが、その根本は一人一人の他者への意識によります。 いくら工夫しても「他人がどうなろうとどうでもいい」「勝てばいい」と思っている人が入れば、「楽しい」場所はどんどん減っていき、厳格なルールや規則で縛らざるを得なくなるでしょう。

また、準備運動不足水分補給の軽視は事故や怪我を招きやすくなります。「外遊び」は身体を動かして楽しむもの。一人一人が楽しむために「ケガしないように、させないように」という考え方で遊びにきてほしいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?マインド、ゲーム性、アイテム、そしてクライアント様との協力、そして最後は参加者自身の意識、それぞれを大切にしていくことで初めて、安心してお楽しみいただける「楽しい場所」になると思います。himeji2-134 最後に、チャンバラ合戦-戦IKUSA-の運営メンバーは楽しめる「遊び」に貪欲です。そんなメンバーの運営あってのチャンバラ合戦-戦IKUSA-だから大丈夫。そう思っていただけるようメンバー一同これからも頑張って参ります。ありがとうございました。

この合戦が気になったらいいね!しよう

IKUSAの最新情報を
お届けします



開催希望やご質問など
お気軽にお問い合わせください

開催希望・お問い合わせはこちら